読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最近好きになった推しの話

 

元々舞台俳優は好きです。イチオシの彼がいて、その周りの俳優さんたちがぼちぼち好きみたいな…。でも複数公演入るわけでも、プレゼントで貢ぎまくるでもなく(若手とはもう言えない俳優さんではある)実力派の彼なので、貢ぐぜ!なんて意識はなく、無理なく好きな時に観劇に行くスタイルでした。

 

その後いろんな俳優さんのことを好きになるものの、その推しを超える存在は現れませんでした。何個か舞台を観に言ったりしたけど、ゆるっと推すというわたしのスタイルは崩れることがありませんでした。

 

そして、今回お話しする、最近好きになった推しのことは、2015年のクリスマス頃に知りました。なんて可愛い顔をしているんだろう!!なんてカッコいいんだろう!!当時そう思ったことを覚えています。推しとその周囲の俳優さんが出演していた舞台の後継として出演していたのが彼でした。

f:id:yuyuka125:20170303023920j:image

やはり私の中では初演は超えられないけれど、彼はなんだかんだ推せるなと思ってました。

しかし、あまりにもカッコ良過ぎて推すには値せず、これまたゆるっと応援していけばいいやと思ってました(クソ)

 

それの彼が、好きなアニメの舞台化に出演することが決まったときは、おお!と思いました。純粋に楽しみだなあ!と思って、彼の演技を見て、やっぱり、普通に好きでした。普通に。ゆるっとやっぱりかっこいいなあ〜はまり役だな〜と思っていました。

f:id:yuyuka125:20170303023146j:image

 

そして、今ドラマやってますね。発表された当時、推しの周りの人が出る!!胸アツ!!と思うと同時に、お!!!あの可愛い子でるじゃん!!楽しみ!と思っていました。

f:id:yuyuka125:20170303023321j:image

 

ドラマ自体がこれまた大好きなお話でした…ほんとうにほんとうにスポ根ものが大好きなんですよ…。しかもその中で彼はやっぱり彼にぴったりの役どころで、とっても可愛い〜!!!とかつてないほど熱は上がってました。しかしこの時点ではまだ、ゆるふわヲタクです。茶の間を抜け出すことはありません。

 

そこで、彼が所属している地下○イドルのワンマンライブが行われるということを耳にしました。行こうかなあと迷ってはいたけれど、1人で行くのもなあと思い、辞めておこう…と思ったところに、初回無料!!という告知を目にします…!

無料なら興味のあまりない友人も来てくれるはず!と私は、友人を誘いそのライブへと足を運んだのでした。

 

f:id:yuyuka125:20170303023824j:image

 

これがまた…ジャニヲタな私の心をくすぐります。自担の熱愛報道が出た直後ということもあり、私の荒んだ心を浄化してくれたのが彼でした…

f:id:yuyuka125:20170303024124j:image

 

というかやっぱりグループで歌って踊るアイドルが、好きなのかもしれません…(泣)板の上に立っている彼も、ドラマで演じている彼も、全部かっこ良くて好きだわ〜とは思ってたけれど、ステージの上でキラキラ歌って踊る彼は本当に本当に儚くて美しいアイドルでした。地下なめてた…。というか、彼をなめてた…いつだか、“僕は俳優じゃなくてアイドル”みたいな文字を見たことがあった気がして、でもゆーてなあ…どんなもんなんだろうなあ?と思っていました…それでもやっぱり、ライトを浴びて踊る彼は本当に本当に一瞬で私を虜にしてしまったのです。すごかった。笑顔が半端じゃないし、彼はいつでも、笑ってファンに顔を上げてくれるんだ、と思いました。

多分、私はうっすらといろんな人を好きになるけれど100パーセントこの人大好き!!!ってなることは少ないんですよ。うわべだけ好きは多いんだけれど。(笑)それって裏切られる可能性を考慮しているから。あまりに期待しすぎると、後から辛いのを知っているから。だから、なんとなくゆるっとふわっと行きたいときに見たい公演を観るだけのヲタク…というか、ファンでした。でも、彼の姿はもう、俺を信じて!!ついてこい!!!そんな顔をして、しっかりと前を見据えてアイドルとしてあのステージに立っていて、チームを引っ張って行くトップの貫禄を感じました。ああ、この人なら信じてもいいかも。というか、裏切られてもいいかな?とさえ思えるのです。それくらい、キラキラと真っ直ぐ強く立っていました。ありゃあ同性からも好かれますわ…本当に本当に男前だなあと思った。

びっくりするくらいあまりにも真っ直ぐにファンのことをメンバーのことをこれからの未来を見据えている彼の姿は、今までわたしが見たことないような人でした…。小さな箱で小さな事務所でスタートしているのに、あんなに自信満々に見えるように立っていて、ああ、これは虚像だとわかっていても、あまりにも、あまりにも…完璧すぎる虚像で、こんなのがこの世に存在しているのかとさえ思いました。

 

割と推しの演技とかダンスとか盲目的に推すのはなあと思うけれど、この彼に関してはそれさえももう野暮だと思いました。それについて言及する必要なくない!?だってこんなにもキラキラ輝いてるんだもん!!!!以上!!!って感じです。。多分彼は生粋の、生まれ持ってのアイドルの素質を持っているんだろうなと思います。板の上で、液晶の中で、誰かを演じる彼はもちろんかっこいいけれど、それらをそんなものと言えるほどには彼が彼として立っているあのステージ上の彼は神がかっていました。

 

ファンの熱気も凄まじいし、彼の色のペンラだらけだし、盛り上○隊長な彼はその名の通り、凄まじい盛り上がりをライブで見せてくれました。

 

ライブ後のコメント。つった足についても触れないし、自分があまりステージに立てていなかったことにも、触れないで、彼はただ真っ直ぐにグループのこれからについてを語りました。その姿にああ、と、すごく心を打たれました。彼は1人知名度も高いし、仕事も多いし、人気も高い、地上波も経験してる。彼が背負っているチームの重みもあるだろうけれど、それを他のメンバーが背負ってくれているおかげで、彼は外で頑張れる、、よく彼が言っている言葉その通りだと思いました。

 

ステージ上でファンにサービスをする彼はとってもとっても楽しそうで、天性のアイドルだと思いました。そして、わたしは割と羨ましい!と思うことがあるけれど、彼に関してはそんなこと思う隙もなく、ただひたすらに彼が彼として輝いていて、応援しよう、大好きだと純粋に思いました。カリスマ性かな。

 

もちろんライブ後のチェキ会には参加して、チェキ撮ってもらいましたよ。すっごい緊張しちゃったけど、本当にずっと笑顔で真面目にわたしの話を聞いてくれて、優しくお話ししてくれて、バイバイって最後まで笑顔で目をしっかりと見て手を振ってくれる彼が大好きだと思いました。

 

 

そして、彼の過去作を見ていたら本当にびっくりしました…。いや、知ってた…みたいなのは何個もあった主演作くらいはチェックしていたから…。けど、最近の作品、彼を知ってからの作品で、わたしの推しの周りの人が出ている作品に彼は結構出ていたのでした…ホス○ちゃんなんて…いざ○さん出てて、フェ○ステも秋○くんやばい〜〜と情報解禁されたときからずっと思っていました…それでも、彼が出ていることを、わたしは見逃していたのです。

 

なんて馬鹿なことを!!!!と思いながら、今この文章を書いています。俳優としての彼は、たぶん今の推しを超えることはできないけれど、アイドルとしての彼を知ってしまったわたしは、人間として1人の芸能人として、アイドルとして彼を推さずにはいられないのでした。

とりあえず直近のイベントのチケットを確保して春からの舞台のチケットもどうにかして手に入れねば…というところで筆を休めたいと思います。 

(すでに四月は推しの舞台のチケットと、好きな舞台のチケットもあって週1観劇ペースかな??茶の間にしては…??)

 

大変そうだけど、体に気をつけて頑張ってください。心からそんな風に思えるのは、あなたが初めてかもしれない。