読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

踊らないダンサーはダンサーとしての意味がない、、と思う笑笑

現役を引退したとかって関係なくて、同じステージに立つのに現役とか現役じゃないとか関係なくて、同じステージに立つんならどっちも同じ熱量でやらなきゃならないし、後輩が死ぬ気で作るステージなら、そのステージに、少しでも立つのなら、意地を見せないと、、と思ってしまうんだけど、主役じゃない、にしても、私たちは引退した四年生なんで…っていう、のは、すげぇしつれいで、、、。。
こないだ、思ったけど、踊らないダンサーはダンサーじゃないし、去年、先輩に、本当にダンスが好きで楽しそうに踊るね素敵だねって言われて、
あんまりピンとこなかったけど、あんま楽しめてなくて、楽しんでる人と楽しんでない自分のダンスを見て、
人に何か表現物を見せるのは本人が、楽しんでいるかいないかってすげえ大切だと思う

現役じゃないしねって言葉を聞くたびに、、ズサァってくるし
去年自分が現役で引退した先輩が来た時に、私たち引退したんで〜〜て感じで申し訳なさそうにしてるのも、
なんか、、???ってわたしは思ってしまったのでなー

努力が足りない。何もかも投げ打って努力できるのはやっぱり学生であるという身分とか、、頼れる親がいたり、そういうのがあるから、なんだよな。
この大学四年の、、先を決めてしまったわたしは、、、頼りきることも、ダンスにだけのめり込むことも、、できないと気づいて

でもそれも含めて全部ダンスで表現しようと思うのだよ、
ただがむしゃらに楽しんで踊ってる、だけじゃない、、
苦悩とかいろんな、大人になるとか、いろんなしがらみを含んだ自分を、全部見せようと思う

口じゃ言えない本音が、思っていたより、、たくさんたくさんあった。
たくさんある。色んな、見てこなかった、自分の感情を、、見て、それを口じゃ表現できなくて、だから、踊る、、それだけ。