チア男子を読んだ(ネタバレ有り)

 

チア男子をやっと読み終わりました〜〜?!何者を読んでから、朝井リョウの本を読みたい!ってなりまず手始めにチア男子を!次は、部活やめるやつを読もうと思ってます(⌒▽⌒)何様も気になってるんだけどね!

 

f:id:yuyuka125:20161019151841j:image

とりあえず大学生真っ只中の私からしたら本当にうおおおってなる内容でした??!!私はチアをやったこともないし、中高とチア部も無かったし…チアというものにはあんまり近くはないんだけど、私の所属してるダンスサークルと仲良し?のチアサークルがあって1年生の頃、同じ舞台に立つことがあってそのチアサークルのチアは見たことがある!体柔らかいし、超元気だし、超笑顔だなぁ!と思ったのは覚えています。バイトの友達がチアやってるから今度見にいく約束はしているからすごく楽しみだなあ〜??

 

授業中に細々と読み進めていたんだけど(オイw)で、さっき読み終わったんだけど…授業中なのに泣いたよね…泣いたわ!!!涙がこぼれ落ちるのを必死にこらえてましたわ?!チア男子の裏テーマは家族…? それぞれの登場人物の背景にはそれぞれの家族の影がちらついているのがとても印象的です。というかストーリーというより、キャラクターそれぞれがとってもとっても魅力的な話だなあと思った。

・晴希

まず晴希は、柔道一家に生まれて、当然のように柔道を始めるわけだけど、柔道Loveで霊長類最強(違う)の姉を持つとね…その背中に憧れるけど、自分はそこには辿り着けれない…隣にはカズがいる。晴子も一馬も自分より上手くて強くて…なんだかわかる気がするなぁ。肩を怪我したというのは、きっかけにすぎない。柔道を辞める理由じゃない。柔道を辞めた理由って多分本当に色々…。怪我をして諦めと安堵とそういう気持ちがちょっとわかってしまう。柔道を諦めたわけじゃない、チアをやりたい。なのは、柔道を辞めたあとに見つけた柔道をきっぱりと辞める理由であって、一馬がチアをやろうって言ってなかったら、もしかしたら晴希はまたずるずるとなんとなく柔道を始めたんじゃないのかなぁと思う。私も中高とずっと続けてきたスポーツをやめて、大学生からダンスを始めたんだけど、新しい何かを始めるのって不安だけどすごいワクワクするんだよね、、私がダンス始めた理由って、別に大したものじゃなくて、なんとなくでしかないんだけど。誰かのためとかそういうの無いし、ずっとダンスがしたかったわけじゃ無い。中高と続けてきたスポーツを続けようと思ったけど、辞めるきっかけは欲しかった。もしうちの大学に部活動があったら、私はまだずるずると続けていたんだと思う。しかも何がってね!私のサークルもほぼほぼ大学からダンスを始めたような人たちだらけだったからすごい…感情移入半端無かったです← 晴希はいろんなものに気づいてなくて近くにいたはずの一馬の隠してた本音も全く見れていなくて、カズに勝ちたいっていう自分の本音を直視することだって、時間がかかってたし、ね。まぁわかる、わかるしか無いんだけどさ?? カズのノートに、ハルに勝つって書かれてたのを見て本当鳥肌が立ちました

 

・一馬

ばあちゃんが一馬のこと忘れるって、私みたいに両親も生きてて兄弟もたくさんいてって人のばあちゃんが自分のことを忘れちゃうのと、唯一の家族が自分のことを忘れちゃうのとじゃ、本当に本当に重たさが違うと、ふっと気づいた瞬間にその寂しさと孤独感に涙が止まりませんでした…。一馬の唯一の家族のばあちゃんに、忘れられる。そして、いなくなる。寂しさしか無いというか、やっぱりチアどころじゃ無い…翔がそれに対してピリピリしてたり、サクに対しても強い当たりだったり、ていうかそう!それで思い出したけど尚史にそっくりな奴がうちのサークルにもいます??← ほんとまんまみたいな奴…笑 てか!みんなで頑張るための団体競技で泣いた、、個人が頑張れなくなった時に支えるため…そうだよね、それがチームだよねって思う

 

イチローと弦

この弦の気持ちがねぇ?!!やっぱりスポーツものって感情移入しまくってしまってやばい?!!圧倒的才能のイチローと、その隣にいる弦。いつまでも追い越せないしライバルなんて思ってもらえないし、当の本人は悔しさとかそういうの感じてない…。というかこっちなんて見てないし、自分ばっかり意識しちゃってる感はむなしみ、、まあわかんない!イチローが自分ができるからって押し付けてくるのは、なんか、ね、最初は食らいついていくけど、ずっとそうだと、無理だなあ笑笑

 

・溝口

溝口面白いから好き笑笑 最後にはお弁当作ってくれて洗濯物洗ってくれてやっぱ親は偉大だなあと思ったし、フツーに溝口面白いから友達になりたい笑笑 溝口のノートは普段みたいなんじゃなくて消されたり書き直したりされた溝口の言葉があるってのにもう泣くしかないよね!

 

いや、なんかもう駆け足…というか抜けてる色々。ただ、ダンス兄弟のダンスの話はそのまんまうわぁってなった。体のラインの隠れるダボダボの服を着て、出来ない技をみんなの前で練習するのをやめて、がむしゃらがかっこいいのに、カッコ悪くないのに、がむしゃらを忘れちゃってた感じ…それな!!!それな!!!

 

やっぱスポーツものってやばいな?色々考えちゃうなー。これからサークルだ。やる気あるとかないとか、、やる気ない人なんていないし、よし。なんとかなる、自分を信じる、根拠のない自信は良くない…ダンスどころじゃなかったりするし、だけどとりあえず最後の学園祭。頑張ろう。