読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

聲の形

f:id:yuyuka125:20160923005301j:image

映画「聲の形」を見てきました〜!観ようと思ったきっかけは言わずもがな、入野自由くんなんですけど>_< (笑)口コミとか、予告とか、出演者インタビューとか見てから行きました!自由くんがインタビューで、聴覚障害とかイジメとかに目が行きがちだけどそれだけじゃなくて、誰しもが感じたことのある、「伝えたいけど伝わらない」みたいなのを表現してる(ニュアンスです)ってな感じのことを言ってて、そのことを頭に入れてたから、聴覚障害とかイジメとかそうゆういろんなことが重たく気にならなかったというか、登場人物それぞれの「伝えたいけど伝わらない」想いみたいなのに注目して見ることができたかな〜〜なんて思います!

 

盛大なネタバレで感想を書き連ねます*\(^o^)/*(笑)

 

「石田くんってああやっていつも1人でいるんだよね〜」「有名だよ、みんな知ってる。」
「あ〜またこっち見てるいつも1人で寂しくないのかなぁ、一生あのまま…」
「あいつなんで生きてんの?」

 

この入野自由が読んでいるセリフがテレビで予告として流れてたんだけど、ここ何回も何回も繰り返し聴いてたのね…(キモヲタ万歳)うん、イヤホンで聴いて本当に入野自由ヤベェよってなってたセリフです。自由くんの喋り方は勿論好きなんだけど、そのわたしの入野自由への愛は割愛して、この、他人が話していることを想像して、自分の悪口を言っているように聞こえることっていうのがすごく、わかるなあと思った!あれ、予告でも思ったけどみんな石田くんの悪口なんか言ってないのに、勝手にそう解釈してるじゃん。相手の声を聞かないから、そうなるんだけど。でも誰しもあるんじゃないかなー嫌われてるって思ったり悪口言われてるって思ったり色々あるけど、大体がそうでもなかったり。まあ本当にそうだったりもするんだけどね。(笑)

石田くんは周りの声も聞いていないし、顔も見てなくて、相手のことをわかろうとしてないんだけど、まあ、分からなくもない、ような。あそこまで過激じゃないけど(笑)誰しもが、対人関係において楽をしようとしたら、できることは相手を見ないことだと思うんだよね…!!相手を見ないって楽だと思う。嫌なことが目につかないから。自分に都合の悪い言葉とか、都合の悪い人は見ないことにするっていうのが1番楽なんだよなぁと私は思ってて。

この聲の形の石田くんがとった人の顔も声も聞かないってのとは、少し違うかもしれないけど、根本は同じで、やっぱり対人関係において楽な方法をとるとこうなるんだと思った。

まあそれが悪いとは言わないけど、少し寂しいよねってこと…だよね。なんていうのかな、そういう人って多分相手に気づかれるから、「あ、この人、わたしのこと見てない」ってなるから、わかるんだよな。わたしもあんまり見てないから、人のこと嫌いになったりしないし、でもそれって、相手のこと見てないんだよなあ…なんて色々考えていたから、この映画を見てふんふんってなりました(笑)ちゃーんと相手のことを見て、声を聞いて、それから逃げずに受け止められたらいいなあというのが最近の!なんか!テーマかな!(笑)そうしたら相手もわたしのことを見てくれるし、うん。でも、それってスゲェ疲れるし、多分初対面からは無理だな…(⌒▽⌒)初対面から仲良くなるまではあっさり付き合って、さらに深く深くなる友達とかとは、やっぱり向き合わないといけないような…というか、自分自身を客観的に見ての反応なわけじゃん。相手の声も表情も。そういうのから、逃げずに、受け止められたら、人間的にも成長できるんだろうなあって思うけど、いかんせん、キャパ取ると思う← 想像しただけで生きていけなさそう…オエゲロってなりました(笑)

 

西宮さんは相手のことを見れてなくて、自分が見られることに必死で…。きっとそれは、見てくれない母がいるからってのが大きいと思うんだけど(⌒-⌒; )だから、見られることに必死になるんだけど。でも、本当に、自分が相手のことちゃんと見ないと相手も自分のことちゃんと見てくれないんだよな。それに、あの植野さんの言葉で気づいた…?かなあ。

 

というか小学生時代の話を見て、わたしがあのクラスにいたら、ちょっと面倒臭いなって思うのはわかる。何がって、あの、ノートを押し付けてきたり、何を話してたのかいちいちノートで西宮さんに伝えるのは、単純に面倒臭い作業なんだよなぁ。それなのに、ノートを押し付けられたり、まあ面倒な手話を覚えさせられたりしたら、あんまり関わりたくない気持ちはわかる。石田くんは、何…好きな子をからかうくらいのイメージなのかな?植野さんは普通に単純に西宮さんの存在が彼女のキャパオーバーだったんだと思う。あ、いまの見るって相手のことを知るとかそういうのではなくて、相手の感情を読み取ることが見るって意味ね!

 

石田くんも西宮さんも長束くんも植野さんもそれぞれ伝えたいけど伝わらない想いがあって。伝える手段が限られてたり、うまく使えなかったり、色々なんだけど。西宮さんも石田くんも多分相手のことを見てないのもそうだけど、自分のことを全然自分自身が見てないし、自分自身の声も聞いてないじゃん。自分の声聞くの、自分のことを省みるのスゲェ大変だなってわたしはいま身をもって思ってることだから、うん、ファァ!って思ったよね!(語彙力)

 

最初のシーンはすごい好きだった。バイトを辞める、お金をおろす、物を全て売る。なんか、わたしがやりたいことそのまんまだったけどそのあと死のうとしてて、ウォ!?!?ってなった(笑)でもシーンとしてすごく綺麗で好きだったなあ。ビリビリのカレンダーも。

 

個人的には川井さんが大嫌いです。本当に本当にうざい…西宮さんも苦手だけど。(笑)川井さんのウザさったらありゃしない!!無理!佐倉さんの気持ちはわかる…植野さんを助けようとしたのに、いじめられて、、でも逃げるってそんなにダメなことなのかなぁ。そのあともちゃんと手話の勉強を続けて、西宮さんのことを怨んでないのは佐倉さんは出来たお方だ…って思いました!あと結弦ちゃんは可愛すぎな(⌒▽⌒)まじ結弦ちゃん…かわいい…やっぱりこの中で好きなキャラは石田くんか結弦ちゃんか植野さんか長束なんだよなあ。

 

てもまあ小学生時代のことを高校生になって清算してるけど、わたしもまだ清算しきってない過去のことなんてたくさんあって、なんであの時…なんてことは、何個かある。お互い伝えたいけど伝えられなかったし、わたしも相手を見てなかったのかなあ。

 

そんな感じ!!!!よし!!頑張ろう〜!